ブルワーズ逆王手!初回3連続適時打で2戦連続先発マイリー援護

[ 2018年10月21日 05:30 ]

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第6戦   ブルワーズ7―2ドジャース ( 2018年10月19日    ミルウォーキー )

ドジャースに勝利し、タッチして喜ぶブルワーズのアーシア(左)とブラウン
Photo By 共同

 ブルワーズはホームで息を吹き返した。初回2死から3連続適時打で一挙4点。第5戦で初回に打者1人で交代し、ポストシーズン史上2度目の2試合連続先発となったマイリーを援護した。

 クレイグ・カウンセル監督は「球場全体がエネルギーにあふれ、点を取るたびに信じられない大声援が飛び交った」とファンの後押しに感謝。今ポストシーズン7イニング12奪三振で無失点と中継ぎの切り札でフル回転する左腕ヘイダーを温存し、最高の流れで第7戦を迎える。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月21日のニュース