PR:

早実 エース・伊藤、3度の満塁切り抜けた!帝京下し8強入り

秋季高校野球東京大会3回戦   早実3―1帝京 ( 2018年10月20日    神宮第2 )

<帝京・早実>9回10安打1失点で完投した早実・伊藤
Photo By スポニチ

 早実が帝京を3―1で下して8強入りを決めた。エース・伊藤は9回10安打1失点で完投勝利。

 3回以降に3度の満塁のピンチを招いたが、身長1メートル70の体をめいっぱいに使って投げる最速143キロの直球を武器に、いずれも無失点で切り抜けた。軸のぶれないフォームを目指し、金足農の今秋のドラフト1位候補・吉田輝星を参考にする右腕は「序盤は良くなかったけど、投げるうちに空振りの取れる真っすぐが投げられるようになった」と振り返った。

[ 2018年10月21日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月18日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム