【追球】流れ変えてしまった西武・源田の“送球ミス”

[ 2018年10月21日 09:30 ]

パ・リーグCSファイナルS第4戦   西武2―8ソフトバンク ( 2018年10月20日    メットライフD )

<西・ソ>7回2死満塁、デスパイネの打球に飛びつく源田だったが送球が間に合わず適時内野安打となる(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 セーフと判定された直後、西武・源田は三塁手の中村に向かって「ファーストっすか?」と思わず確認した。一塁か、二塁か。コンマ数秒の瞬時の判断が、試合の流れに大きな影響を与えた。

 「走者は見えない。感覚で投げたけど…。ファーストだったと思う」。7回2死満塁。遊撃手の源田は、デスパイネの三遊間の打球に飛び込んだ。起き上がるなり投げた先は二塁。しかし俊足の一塁走者・柳田をわずかの差で刺せず、内野安打となり1点を失った。ここから計4失点。終盤の重い失点だった。

 満塁だけに「近い塁」でアウトを狙うのはセオリー。しかし打者走者のデスパイネは、決して俊足ではない。一塁への送球を選択していれば…。ただ、背後の走者は見えない。さらに、飛び込んだ際にグラブをはめた左手が伸びず、中途半端に曲がっていたため「ボールをうまく握れなかった」。全てが一瞬の判断だった。一つのプレーが分水嶺になる。これも短期決戦の怖さだ。(鈴木 勝巳)

 ▼西武・馬場内野守備走塁コーチ 試合後に本人とも話をした。「(送球先は)ファーストでした」と言っていたが、必死に止めてくれている。責めることはできない。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月21日のニュース