ヤンキース前監督ジラルディ氏 レッズ次期監督候補から外れる

[ 2018年10月21日 10:02 ]

ヤンキース前監督ののジョー・ジラルディ氏(AP)
Photo By スポニチ

 ヤンキース前監督のジョー・ジラルディ氏(54)が、レッズの次期監督候補から外れることになった。ジラルディ氏自身が撤退の意志を示したという。ESPN(電子版)など米国の複数メディアが20日に報じた。

 現在は解説者として活動しているジラルディ氏は2008年から昨季までヤンキースを指揮。就任2年目の09年にはチームをワールドシリーズ制覇に導くなど、10年間で910勝710敗という成績を残した。また、ヤンキースの監督に就任する前は、06年にマーリンズを指揮し、同年に最優秀監督賞を受賞した。

 今季のレッズは67勝95敗でナ・リーグ中地区最下位と低迷。シーズン途中にブライアン・プライス監督が解任され、ベンチコーチのジム・リグルマンが暫定監督としてチームの指揮を取った。次期監督候補にはジラルディ氏の他、タイガース前監督のブラッド・オースマス氏とカージナルスでベンチコーチの実績があるデービッド・ベル氏の名前が挙がっている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月21日のニュース