21日のファーム試合結果

[ 2018年7月21日 23:19 ]

 プロ野球のファームは21日、イースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

 広島はオリックス戦(舞洲BS)に1―2で惜敗。胃がんからの復帰を目指す赤松が、初回に左翼へ先頭打者本塁打となる1号ソロを放った。先発・薮田は3回3安打無失点。4番手・横山が2回2安打2失点で3敗目(1勝3セーブ)。オリックス先発・松葉は6回4安打1失点。西村、宮崎がともに2安打1打点だった。

 ウエスタン首位の阪神は中日戦(甲子園)に4―2。板山が8回に決勝の4号2ランを放った。先発・福永は6回6安打2失点。中日は野本が2安打1打点。先発・阿知羅は6回4安打2失点だった。

 イースタン首位の巨人は日本ハム戦(ジャイアンツ)に15―3で大勝。16安打で6回まで毎回得点を挙げた。マルティネスが14号ソロなど2安打2打点。山本が3安打3打点など6人がマルチ安打をマークした。先発・高田は7回5安打1失点で5勝目(2敗1セーブ)。日本ハム先発・ロドリゲスは4回1/3を14安打6四死球14失点(自責9)で5敗目(3勝)。

 ヤクルトはロッテ戦(浦安)に3―0。先発・寺島が6回4安打無失点の好投で5勝目(3敗)を挙げた。ドラフト1位・村上が6回の11号ソロなど2安打2打点。ロッテは香月が2安打。先発・渡辺が6回6安打3失点(自責2)で5敗目(4勝)。

 西武は楽天戦(西武第2)に9―1。先発・高橋光は5回1安打無失点の好投で2勝目を挙げた。坂田が1号ソロ、山田が5号2ラン。楽天は打線が散発4安打。先発・池田が3回2安打4失点で3敗目(1勝)を喫した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月21日のニュース