一時逆転も…巨人・菅野 守備の乱れもあり5回6失点で降板

[ 2018年7月21日 20:30 ]

セ・リーグ   巨人―広島 ( 2018年7月21日    マツダ )

<広・巨>巨人先発の菅野は初回に2失点(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 巨人・菅野が5回を11安打6失点でマウンドを去った。

 初回に失策はつかなかったが、中堅手・陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)の拙守などで2失点。勝ち越しに成功した4回には1死一、三塁から自らのセーフティースクイズで2点差としたが、5回に一挙3点を失い、逆転を許した。

 6回の打席で代打を送られ、途中交代。ベンチで応援にまわった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月21日のニュース