日本ハム OB岩本勉氏ら約7キロ歩いてチャリティー活動 8万6114円を寄贈

[ 2018年7月21日 15:50 ]

ファイターズウォーキングクラブ「FOOTSTEP FUND〜あしあと基金〜」の2018年度第3回活動を行う岩本勉さんら
Photo By 提供写真

 日本ハムは21日、北海道札幌市内でSC(スポーツ・コミュニティー)活動の一環である「FOOTSTEP FUND〜あしあと基金〜」の今年度の第3回活動を実施した。

 一般116人と球団OBの岩本勉氏、車いすテニス選手の二條実穂も参加。ソフトバンク戦前に札幌ドームから同市豊平区の八紘学園までの往復約7キロを約1時間かけて歩いた。総歩数は86万1135歩。10歩1円換算で8万6114円をパラリンピック競技の普及振興などを目指す「北海道オールオリンピアン」へ寄贈する。

 岩本氏は「良い天気の中、気持ちよく歩けました。皆さんの一歩一歩が社会貢献にも皆さん自身の健康のためにもなります」とコメント。二條も「皆さんの一歩一歩が子どもたちの笑顔や障害者スポーツの発展につながります」と呼び掛けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月21日のニュース