東海大5季ぶりV!藤井健が延長サヨナラ弾 指揮官男泣き「選手がよくやった」

[ 2018年5月6日 13:00 ]

首都大学野球 春季リーグ戦 2回戦   東海大3―0武蔵大 ( 2018年5月6日    大和スタジアム )

サヨナラ3ランを放ち胴上げされる藤井健
Photo By スポニチ

 東海大が連勝で勝ち点を5に伸ばし、5季ぶり70度目の優勝を決めた。

 延長10回に藤井健平外野手(3年=大阪桐蔭)が右越えサヨナラ3ランを放ち劇的な幕切れとなった。リーグ戦初本塁打の藤井健は「今でも打ったんかな?という感じ」と信じられない様子。入学から4季優勝がない世代だけに「めちゃめちゃうれしい。(入学前は5季連続優勝の)王者だったんで、勝って当たり前っていうのが続いていた。そういう意味では、ただの優勝ではない」と王者復活の喜びをかみしめた。就任2年目の安藤強監督は「母校のために(監督が)できてうれしい。選手がよくやってくれた」と涙を流した。

エース青島凌也投手(4年=東海大相模)が開幕前に右肩を痛めて離脱。左腕・飯嶋海斗投手(4年=成田)は7回から救援し4イニングで8奪三振の力投を見せ「青島がいない分、危機感を持ってできた。チームみんなで抑えた」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月6日のニュース