マエケン 5回3失点と好投も、降板後に逆転許し3勝目ならず

[ 2018年5月6日 10:30 ]

ナ・リーグ   ドジャース4―7パドレス ( 2018年5月5日    メキシコ・モンテレー )

パドレス戦に先発したドジャース・前田(AP)
Photo By AP

 ドジャースの前田健太投手(30)が5日(日本時間6日)、メキシコのモンテレーで行われたパドレス戦に先発し、5回を投げ、4安打3失点で三振7と好投したが、勝敗は付かなかった。前田は3勝目の権利を持って降板したが、その後チームが逆転された。

 初回、先頭打者のジャンコウスキーに三塁打、続くホスマーに初球を右翼スタンドに運ばれ、わずか9球で2失点。味方打線が3回に逆転したが、4回に1点を奪われて同点とされた。前田は5回でマウンドを降り、その直後の6回にチームが1点を勝ち越した。しかし、前田の後を継いだ2番手のフィールズが逆転を許して、前田の白星は消えた。

 ドジャースは4―7で敗れた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月6日のニュース