青木 広島戦は早くも3個目死球 小川監督イラッ「ひどい死球が多すぎるね」

[ 2018年5月6日 07:37 ]

セ・リーグ   ヤクルト1―10広島 ( 2018年5月5日    神宮 )

<ヤ・広>初回2死、左膝に死球を受け、表情をゆがめる青木
Photo By スポニチ

 ヤクルト・青木が初回に左膝に死球を受け、代走を送られて交代。試合中に球場を離れ、都内の病院でエックス線とCT検査を受け「左膝打撲」と診断された。

 大事には至らなかったが、リーグ最多の6個目の死球で広島戦では3個目。4月には川端が頭部死球を受けており、大敗で連勝が2で止まった小川監督は「(出場選手登録を抹消)するほどではないと思う。ひどい死球が多すぎるね」と話した。

 ▼ヤクルト・山田哲 1番の役割は得点することだと思っている。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月6日のニュース