西武、圧巻の「ワン・ツー・スリー」弾 秋山だ!浅村だ!栗山だ!

[ 2018年5月6日 14:26 ]

パ・リーグ   西武―楽天 ( 2018年5月6日    楽天生命 )

<楽・西>3回1死一塁、浅村が左越えに2ランを放ちベンチに迎えられる
Photo By スポニチ

 ワン!ツー!スリー!好調な西武打線が、またも圧巻の攻撃を見せた。

 3回1死、それまで無安打だったが2巡目に入って突如、目覚める。まずは秋山。右翼スタンドに3試合連発となる先制の5号ソロを叩き込んだ。「走者が盗塁失敗した後だったので、もう1度チャンスを作るつもりで打席に入った。ホームランになって良かった」。直前には一塁走者の木村が二盗に失敗。辻監督はリクエストを要求したが、判定は覆らなかった。それだけに、相手にダメージを与える効果満点の一発だった。

 さらに、この日が通算1000試合出場の浅村が続く。1死一塁から左翼に7号2ラン。最後は2死一、二塁から栗山が右翼に2号3ランを放って1イニング3発。ソロ、2ラン、3ランと圧巻の「ワン・ツー・スリー」弾に地元・仙台のファンは静まりかえった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月6日のニュース