内川、通算2000安打持ち越し 味方打線が9回に“お膳立て”も

[ 2018年5月6日 16:37 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2―5オリックス ( 2018年5月6日    ヤフオクD )

<ソ・オ>9回2死満塁、右飛に倒れ悔しがる内川
Photo By スポニチ

 通算2000安打に王手をかけていたソフトバンクの内川は3打数無安打に終わり、記録達成は8日の西武戦(県営大宮)以降に持ち越された。

 「4番・一塁」で先発出場。三ゴロ、四球、中犠飛、三ゴロと安打の出ない中、3点を追う9回の攻撃は8番・上林から。内川に打席が回るのは難しいと思われたが、味方打線が安打と四球でつなぎ、2死満塁で内川の舞台を調えた。

 ヤフオクドームのボルテージが最高潮に達する中、オリックス4番手・増井の3球目を捉えたかに見えたが、打球は右翼手・ロメロのグラブに。内川が天を仰ぐと、スタジアムから大きなため息がもれた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月6日のニュース