西武・秋山 球団タイ8戦連続マルチ 佐々木誠以来24年ぶり

[ 2018年5月6日 05:30 ]

パ・リーグ   西武10―4楽天 ( 2018年5月5日    楽天生命パーク )

<楽・西>こいのぼりを手に笑顔を見せる秋山
Photo By スポニチ

 5月5日のこどもの日に背番号55が躍動した。西武・秋山が2試合連発の4号ソロを含む2安打。94年の佐々木誠以来となる8試合連続マルチ安打の球団タイ記録を達成した。

 「1番を任されていて4〜5打席は回ってくる。“一日一善”じゃ少ないんで」。そんな中で辻監督が「ヒットが出なくても点が取れる」と評価したのが、2回1死満塁での打席。秋山は「引っかけて最低限の仕事」と一、二塁間にゴロを転がし、併殺崩れの間に打点を挙げた。1番打者が引っ張り、打線は先発全員で今季最多の16安打を放ち、5度目の2桁得点を奪った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月6日のニュース