同じ01年デビュー イチロー プホルス3000安打に「僕にとっても残る瞬間」

[ 2018年5月6日 05:30 ]

ア・リーグ   マリナーズ0―5エンゼルス ( 2018年5月4日    シアトル )

<マリナーズ・エンゼルス>試合前、プホルス(右)と談笑するイチロー
Photo By スポニチ

 3日にマリナーズの会長付特別補佐に就任したばかりのイチローにとっても、大きな喜びの瞬間だった。エンゼルスのアルバート・プホルス内野手(38)が4日、大リーグ史上32人目の通算3000安打を達成。ベンチ裏のテレビで見届けたイチローは「そんな瞬間に、同じ場所にいられたことは僕にとっても(心に)残る瞬間」と話した。

 年齢や打者としてのタイプは違えど、2人は同じ01年にデビュー。イチローは10年連続200安打、プホルスは10年連続で打率3割、30本、100打点を記録と、ともに大リーグを引っ張ってきた。「それは他の選手と思い入れが違う。敵なんだけど同志に近い」とイチロー。自身の試合前の打撃練習ではケージ横で待っていてくれたプホルスと言葉を交わした。

 2点リードの5回2死一塁、外角球を右前へ。大台に到達したプホルスは、夜空に向かって吠えた。「家族、友人、ファンの前で達成できて興奮している」。通算620本塁打の大砲は9回には3001安打目の左前適時打を放った。

 ドミニカ共和国出身者の3000安打は2人目で、600本塁打とのダブル達成は史上4人目。自身の金字塔を喜びつつ「イチローがダッグアウトにいなかったのは寂しかった。彼は“来年戻ってくる”と言っていた」と同期のプレーを待ち望んでいた。 (笹田幸嗣通信員)

 ◆アルバート・プホルス 1980年1月16日生まれ、ドミニカ共和国出身の38歳。99年ドラフト13巡目でカージナルス入りし、01年にメジャー初出場。ナ・リーグMVPに3度輝き、06、11年は世界一に貢献。11年オフに10年契約でエンゼルスに移籍した。デビュー当初は外野や三塁も守っていたが04年から一塁専任。1メートル92、109キロ。右投げ右打ち。今季年俸2700万ドル(約29億4300万円)。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月6日のニュース