オリ快勝 全5得点がソロ本塁打!ソフトB内川は無安打 2000安打持ち越し

[ 2018年5月6日 16:20 ]

パ・リーグ   オリックス5―2ソフトバンク ( 2018年5月6日    ヤフオクD )

<ソ・オ>7回無死、ソロを放ったT−岡田はナインの出迎えを受ける
Photo By スポニチ

 オリックスが1発攻勢でソフトバンクに快勝し、3カード連続の勝ち越しを決めた。

 2回に小谷野が1号ソロ、同点の4回には安達が右翼席へ2号ソロを叩き込んだ。5回に再び同点に追いつかれたが、7回にT−岡田、ロメロが2者連続ソロ本塁打。8回にもT−岡田が2打席連続ソロを放つなど、この日の全得点をソロ5本で記録した。

 先発の田嶋は、直球を軸にスライダーなど変化球を低めに集め、6回5安打2失点。12球団の新人でトップとなる今季4勝目(1敗)をマークした。

 ソフトバンクは、先発の中田が7回途中、5安打11奪三振としたが、ソロ4被弾が痛かった。通算2000安打に王手をかけている内川は、三ゴロ、四球、中犠飛、三ゴロ、右直と3打数無安打に終わり、記録達成は8日の西武戦(県営大宮)以降に持ち越された。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月6日のニュース