ヤクルト 9回2死無走者から2度追いつき最後は坂口打!驚がく延長11回サヨナラ勝ち

[ 2018年5月6日 21:59 ]

セ・リーグ   ヤクルト4―3広島 ( 2018年5月6日    神宮 )

<ヤ・広>11回2死一塁、坂口がサヨナラ打を放ちバンザイ
Photo By スポニチ

 ヤクルトが終盤、驚異的な粘りを発揮し、延長11回に坂口の決勝打でサヨナラ勝ちした。

 1―2の土壇場9回、2死無走者から代打・大引の1号ソロで同点。再び1点を勝ち越された延長10回には2死一、二塁から川端の中前適時打でまたも追いついた。そして3―3の延長11回、2死一塁から坂口の右翼線打で熱戦に終止符を打った。

 坂口はプロ16年目で初のサヨナラ打。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月6日のニュース