ヤクルト梅野 2回途中5失点KO 今季初先発も…2軍落ち決定

[ 2018年5月6日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト1―10広島 ( 2018年5月5日    神宮 )

<ヤ・広>初回2死二塁、鈴木(左)に左前適時打を浴びる梅野
Photo By スポニチ

 ヤクルトの2年目右腕・梅野が広島戦に今季初先発し、1回1/3を5失点でKOされた。

 プロ初勝利に挑んだマウンド。初回は鈴木に先制打を浴びると、2回には先頭のエルドレッドにソロを被弾。さらに制球に苦しんで1死満塁のピンチを招き、菊池に走者一掃の二塁打を打たれた。今季初黒星を喫した19歳は「せっかく先発のチャンスをもらったのに自分の投球ができなかった。力不足」とうなだれた。試合後、2軍落ちが決まった。代わって井野が昇格する。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年5月6日のニュース