中日ガルシア 初回先頭から3連続四球 森監督あきれた

[ 2018年5月6日 05:30 ]

セ・リーグ   中日2―7阪神 ( 2018年5月5日    甲子園 )

<神・中>3回無死一塁、糸井の一塁ゴロで一塁ベースカバーのガルシア(左)が転倒する
Photo By スポニチ

 中日先発ガルシアが初回先頭からの3連続四球から2失点するなど、登板3投手で計9四球。

 投手陣の乱調に森監督は「いつものことだろ。向こう(阪神)も同じことを言ってんじゃない?」と吐き捨てた。5回4失点で来日初黒星を喫したガルシアは3回の守備で右足を痛め、次回登板予定は白紙となった。打線も4番・ビシエドが初回1死一、三塁で二ゴロ併殺、2点を追う5回1死満塁でも三ゴロ併殺に倒れ「自分を怒りたいくらい悔しい」と厳しい表情だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月6日のニュース