PR:

ヤクルト42年ぶり投手が代打 風張、バント失敗も劇勝にホッ

セ・リーグ   ヤクルト4―3広島 ( 2018年5月6日    神宮 )

 ヤクルトの風張蓮投手が6日の広島戦に代打で登場した。

 延長10回1死一、二塁。ベンチの野手は左膝打撲の青木しかおらず、風張が打席に立った。バントを試みたが失敗。球団では1976年10月21日広島戦での鈴木康二朗以来、42年ぶりのことだった。

 風張は「前の回くらいに言われた。ちゃんと仕事ができればよかったけど、勝ってよかった。まさか2日連続で打席に立つとは思わなかった」とチームの劇勝に胸をなで下ろしていた。 試合速報

[ 2018年5月6日 23:19 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月18日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム