ヤクルトの青木 6日の先発から外れる 5日に左膝に死球を受け負傷交代

[ 2018年5月6日 17:33 ]

<ヤ・広>初回2死、左膝に死球を受け、表情をゆがめる青木
Photo By スポニチ

 ヤクルトの青木宣親外野手が6日の広島戦のスターティングメンバーから外れた。5日に左膝に死球を受け負傷交代していた。青木が先発から外れるのは4月15日の阪神戦(甲子園)以来で、今季2度目。

 この日は練習には参加しなかったが、ベンチ入り。5日に都内の病院で検査を受け打撲と診断された。青木は「大丈夫。明日も休みだしね」と大事には至らなかったことを強調。しかし患部の腫れについては「膝がふたつあるみたいだよ…」と苦笑いだった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月6日のニュース