日本ハムが2位浮上 ロッテ助っ人乱調付けこみ初回4点 加藤好投2勝目

[ 2018年5月6日 17:13 ]

パ・リーグ   日本ハム6―1ロッテ ( 2018年5月6日    札幌D )

<日・ロ>好投した日本ハムの加藤
Photo By スポニチ

 日本ハムが6―1でロッテを下し、2連勝で2位に浮上した。ロッテは2連敗。

 日本ハムは初回、来日初登板だったロッテ先発左腕・オルモスの不安定な立ち上がりに付けこみ、2四球に2度のけん制悪送球、暴投と中田の犠飛で2点を先取。さらに清宮、鶴岡、松本の3連続内野安打で2死満塁としてから渡辺が押し出しの四球を選んで1点、中島の内野安打でもう1点を加えて4点を先行した。

 7回には大田泰のフェンス直撃二塁打でもう1点加え、8回にも中島の適時打で1点を加えて5点をリード。投げては先発した左腕・加藤が7回途中まで5安打1失点の好投を見せ、今季2勝目(2敗)を挙げた。

 ドラフト1位ルーキーの清宮は「5番・DH」で先発し、初回の第1打席でデビューから5試合連続安打となる三塁への内野安打。高卒新人としてはドラフト制以降最多となる新記録を達成した。その後は一塁ゴロ、空振り三振、四球に終わり、3打数1安打だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月6日のニュース