巨人・陽岱鋼、死球で左手甲骨折…全治未定も長期離脱濃厚

[ 2018年4月4日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人10―3中日 ( 2018年4月3日    ナゴヤD )

左手に死球を受け交代する巨人・陽
Photo By スポニチ

 巨人の陽岱鋼(ヨウダイカン)外野手(31)が3日の中日戦(ナゴヤドーム)の初回に左手に死球を受けた。負傷交代し、試合中に名古屋市内の病院で診察を受けた結果、左手甲の骨折と診断された。全治は未定だが、長期離脱は避けられない状況。高橋監督は「残念。本人も悔しいだろう。一日でも早く治して復帰してほしい」と言葉を選んだ。

 陽岱鋼は開幕からこの日まで4試合連続で「1番・中堅」で先発出場していた。打率・231、0本塁打、1打点で、広い守備範囲でチームに貢献していた。3連勝を飾った中で、リードオフマンを失う事態となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月4日のニュース