智弁和歌山、史上初2戦2桁失点も2勝 準々決勝も10失点

[ 2018年4月4日 05:30 ]

第90回選抜高校野球大会準決勝   智弁和歌山12―10東海大相模 ( 2018年4月3日    甲子園 )

延長10回1死二、三塁、智弁和歌山・・冨田が決勝の適時中犠飛を放つ
Photo By スポニチ

 智弁和歌山が12―10で東海大相模(神奈川)に勝利。同校は1日の創成館戦でも10失点しており、センバツで2度2桁失点を記録しながら2試合とも勝ったのは智弁和歌山が初めて。

 また、智弁和歌山のセンバツ1大会2度の2桁得点は準優勝した00年以来2度目。2試合連続は初めてとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月4日のニュース