佐藤琢磨 エンゼルス戦で始球式 大谷に刺激「モチベーションが上がった」

[ 2018年4月4日 12:50 ]

<エンゼルス・インディアンス>始球式を務める佐藤琢磨と笑顔を見せる大谷(右)
Photo By スポニチ

 世界三大自動車レースの1つ「インディ500」をアジア人として初めて制した佐藤琢磨(41)が3日(日本時間4日)、エンゼルス―インディアンス戦で始球式を務めた。

 「数日前に決まって、初めてボールに触ったのが3日前。何とか投げられるようにならなきゃと思って、You Tubeを見て」と練習を重ね、セットポジションから投げ込んだボールはワンバウンドでミットに収まった。

 全体練習中には同じ「デサント」でアドバイザリー契約を結ぶ大谷とあいさつを交わし、記念撮影に納まった。

 連覇を狙う来月の「インディ500」に向け「フィールドは違うけど、通じ合うものがある。最高の結果を目指していこうと僕自身、モチベーションが上がった」と笑顔で話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月4日のニュース