【4日のファーム情報】巨人、楽天、広島が2桁得点で勝利

[ 2018年4月4日 20:22 ]

 プロ野球のファームは4日、イースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われ、2桁得点での勝利が3試合あった。

 ロッテ―巨人戦(ロッテ浦和)は巨人が14安打で16―5。終盤の8、9回に5点ずつを奪った。4番・宇佐見が1号ソロ。松原、和田がともに3安打3打点だった。先発左腕・中川は6回11安打5失点(自責1)ながら1勝目(1敗)。ロッテ3番手の大隣は3回0/3を7安打4四死球で9失点(自責8)。

 楽天は西武戦(森林どり泉)に13―3で大勝。8回に8安打を集めて8点を奪った。匠、フェルナンドがともに1号ソロ。ドラフト2位の岩見、同3位の山崎がそろって3安打と活躍した。2番手・森が2回3安打無失点で1勝目。西武先発・玉村は4回8安打5失点で黒星。

 ヤクルトはDeNA戦(戸田)に5―1。4番のドラフト1位・村上は5回に適時二塁打を放って1安打2打点。3番手で2回3安打無失点の山本が白星を挙げた。DeNAは左肩違和感で2軍調整中の今永が先発して3回2/3を6安打3失点(自責2)。打線では網谷が9回に3号ソロを放った。

 広島は阪神戦(鳴尾浜)で先発全員の16安打を放って10―4。ドラフト1位・中村奨が3回に2号3ランを放つなど3安打3打点。先発・中村祐は5回4安打1失点で1勝目。阪神は長坂、江越が1号ソロ。先発・福永は4回8安打6失点で黒星。

 オリックスは中日戦(舞洲BS)に5―1で勝利。2番手で登板のドラフト2位・K―鈴木が2回2/3を3安打無失点で公式戦初勝利を挙げた。園部が2安打3打点。中日先発・鈴木翔は5回9安打5失点(自責4)で2敗目。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月4日のニュース