ロッテ 代打・平沢今季初打席で同点打「気持ちはつくっていた」

[ 2018年4月4日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ4―1オリックス ( 2018年4月3日    京セラD )

7回2死一・二塁、代打・平沢が中前に同点適時打を放つ
Photo By スポニチ

 0―1の7回2死一、二塁、ロッテ・井口監督が送った代打・平沢が中前へ同点適時打を飛ばした。

 開幕4試合目で今季初打席も「常に意識はし、気持ちはつくっていた」と平沢。なお、2死一、三塁から荻野に三塁線への勝ち越し2点適時二塁打が出た。両手を上げて派手なガッツポーズを作った井口監督は「あの回(7回)が勝負だと思い(平沢には)早めに伝え、準備させた」と、逆転での3連勝にしてやったりの表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月4日のニュース