楽天 救援陣が乱れ4連敗 梨田監督「抑えて欲しいところで抑えきれなかった」

[ 2018年4月4日 18:23 ]

パ・リーグ   西武2―1ソフトバンク ( 2018年4月4日    メットライフ )

 楽天は救援陣が乱れて4連敗となった。今季初先発となった先発の辛島は好投を見せ6回まで無失点。7回2死一塁までこぎつけたが、そこで降板。バトンを受け継いだ福山が横尾、近藤に連打を浴び先制を許した。

 梨田監督は継投について「横尾は左投手に踏み込んでくるので(交代の)いい機会だと思ったが…。結果的には継投ミス」と肩を落とした。8回には記録に残らない守備のミスで追加点を許し、その裏に同点に追いついたが、9回には高梨、ハーマンが2安打ずつを打たれ3失点。指揮官は「抑えて欲しいところで抑えきれなかった」と頭を抱えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月4日のニュース