ハム石川直、星野氏に“恩返し力投” 山形出身 楽天Vに「勇気もらった」

[ 2018年4月4日 08:14 ]

パ・リーグ   日本ハム2―0楽天 ( 2018年4月3日    楽天生命パーク )

プロ初セーブを挙げた石川直
Photo By スポニチ

 試合前に星野仙一氏の追悼セレモニーが行われた試合でプロ初セーブ。山形出身の日本ハム・石川直も「縁」を感じていた。星野楽天が球団創設9年目で初のリーグ優勝と日本一を達成した13年は山形中央2年。「星野さんは熱い監督というイメージだったし、あの優勝は自分も勇気と元気をもらいました」と感謝する。

 1メートル91の長身で、今流行の「塩顔イケメン」。しかし、中身は純朴そのものだ。高校3年間は10人部屋の寮生活でテレビは禁止。「流行の歌やアイドルも抜け落ちてます。自分が中学生の時にAKBがブレークしたけど、高校を卒業したらかなりメンバーが代わってました」と苦笑いする。憧れの投手はソフトバンクでエースとして活躍した斉藤和巳氏。長身から投げ下ろす豪快なフォームでブレークを狙う。 (日本ハム担当キャップ・山田 忠範)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月4日のニュース