広島・高橋昂、1軍公式戦初登板は4回5失点 バレに3ラン被弾

[ 2018年4月4日 19:53 ]

セ・リーグ   広島―ヤクルト ( 2018年4月4日    神宮 )

<ヤ・広2>力投する広島先発・高橋昂
Photo By スポニチ

 広島の高橋昂也投手(19)が4日のヤクルト戦で1軍公式戦初登板。4回8安打5失点と“ほろ苦”デビューとなった。

 先発した高橋昂は初回2死一、三塁のピンチを招いたが、坂口をニゴロに抑えた。

 2、3回も無失点で切り抜けたが4回、ヤクルト打線につかまってしまう。1死三塁で中村に左中間への適時二塁打を浴び先制点を許すと、2死一、二塁で西浦にタイムリー、続くバレンティンに3ランを浴びた。19歳左腕はこの回で降板。プロ初登板は4回75球を投げ8安打5失点だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月4日のニュース