阪神2年目・小野 連続無失点止まるも好投でチームの連敗2で止める

[ 2018年4月4日 21:54 ]

<D・神>阪神先発・小野
Photo By スポニチ

 “ミスターゼロ”こと阪神2年目・小野が、今季初登板初先発で7回1/3を投げ1失点で初勝利を。チームの連敗を2で止めた。

 この試合まで29イニング連続無失点。この日も7回までゼロを並べ、プロ最長となる8回に1死一、三塁で降板。2番手のマテオが神里に右前適時打を許して、小野に失点が記録されたが、今季初勝利をマークした。ドリスが初セーブ。

 打線も2回に1死一、三塁で梅野のスクイズで先制。5回には高山、鳥谷の連続二塁打で追加点を挙げた。

 DeNAは8回に神里のタイムリーで1点差に迫り、なお1死二、三塁で桑原、筒香が倒れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月4日のニュース