平野メジャー初失点 勝ち越し弾浴びるも黒星消えた

[ 2018年4月4日 05:30 ]

ナ・リーグ   ダイヤモンドバックス8―7ドジャース ( 2018年4月2日    フェニックス )

ドジャース戦の6回に登板し、1回を1失点だったダイヤモンドバックス・平野
Photo By 共同

 ダイヤモンドバックス・平野が登板3試合目でメジャー初失点を喫した。同点の6回から救援。先頭を右飛に打ち取ったが、続くフォーサイスに左中間席へソロを運ばれた。

 ただ後続には安打を許さず、最少失点で1イニングを終えた。チームは9回に相手守護神ジャンセンから起死回生の同点3ランが飛び出し、平野のメジャー初黒星も消え、延長15回に逆転サヨナラ勝ち。「甘く入ったのを打たれた。アマチュア時代にもない、凄い試合を経験できた」と5時間46分の熱戦に興奮を隠さなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月4日のニュース