智弁和歌山が準V、高嶋監督「“よくやった”という言葉は夏に勝ってから」

[ 2018年4月4日 15:32 ]

第90回選抜高校野球大会決勝   智弁和歌山2―5大阪桐蔭 ( 2018年4月4日    甲子園 )

<大阪桐蔭・智弁和歌山>準優勝に終わり、アルプススタンドにあいさつする智弁和歌山ナイン
Photo By スポニチ

 智弁和歌山は大阪桐蔭に2―5で敗れ、24年ぶり2度目の優勝はかなわなかった。

 スタメン4人が2年生の智弁和歌山は、先発投手の池田と捕手・東妻の2年生バッテリーで強打の大阪桐蔭打線に挑んだ。池田は4回に2点を失うも6回まで粘りの投球。7回先頭打者に四球を与えてエース平田に交代した。

 前日180球を投げた平田は、大阪桐蔭の勢いを止めることはできず、勝ち越し点を許した。

 今大会で歴代1位の春夏通算監督勝利数を68に伸ばした名将・高嶋監督は激闘を制して決勝まで勝ち上がったナインに対して「大阪桐蔭と戦いたいという気持ちでセンバツに来たので、決勝までは頑張ってくれた」とコメント。

 「夏が待っているので、センバツのことは忘れて夏に向かって走るしかない。まずは投手力をもう一度整備したい。“よくやった”という言葉は夏に勝ってからですね」と夏での雪辱を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月4日のニュース