阪神・中谷 はい上がる 開幕2軍スタート「自分の力不足」

[ 2018年3月29日 05:30 ]

広田神社を参拝した中谷
Photo By スポニチ

 はい上がるのみだ。昨季チーム最多の20本塁打を放った阪神・中谷は開幕2軍が決まった。1軍が東京入りした28日も鳴尾浜球場で2軍に加わって練習。1軍生き残りへの最終テストだった24日のオリックス戦でも3打数無安打と結果を残せず、無念の脱落となった。

 「自分の力不足なんで。こっちで結果を出してアピールしたい」

 悔しさを胸にしまい込んで前を向いた。今春キャンプでは金本監督から第1クールのMVPに選ばれたものの、オープン戦では一向に調子が上がらず、13試合で打率・143、0本塁打。持ち前のパンチ力を発揮する場面がなかった。もちろん、中堅のレギュラーが不在のチームにとっては不可欠な存在。早期昇格を目指し、ファームで泥にまみれる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月29日のニュース