中日・大野奨 新天地で開幕マスク「ユニホームと球場が違うだけ」

[ 2018年3月29日 05:30 ]

中日の大野奨
Photo By スポニチ

 日本ハムからFA移籍した中日・大野奨は新天地で迎える初めての開幕に向けて「ユニホームと球場が違うだけ。どこのチームにいても一番最初の試合は緊張感がある。その中で戦わないと」と静かに闘志を高めた。

 マツダスタジアムは日本ハム時代の16年10月29日、広島との日本シリーズ第6戦で先発マスクをかぶり、日本一へ上り詰めた思い出の場所。真っ赤に染まったカープファンの熱狂的な応援が有名でも「自分を応援してくれていると思えばいい。アウェー感がある中で戦わないといけない。いい方向に解釈すればいい方向に向かう」と前向きに捉えた。

 ナゴヤドームのブルペンでは開幕投手を務める小笠原の球を受けるなど開幕マスクが決定的。新たな扇の要としてBクラスからの浮上を目指す。

 《松坂遠征に同行》広島3連戦で登板予定のない松坂も遠征同行が決まった。朝倉投手コーチは「皆、行きますよ。皆で頑張りましょうということ」と説明し、「1軍のシーズンの雰囲気を感じることも大事」と理由を明かした。松坂は「1軍の試合にしっかり入っていきたい」と内定済みの4月5日の巨人戦先発へ照準を合わせていて、広島でも調整を進める。

 《荒木開幕2軍へ》荒木は開幕1軍を外れることが決定的になった。ナゴヤドームでの全体練習に参加せず2軍に合流。オープン戦中に右足を痛めた影響で出場は6試合、8打席にとどまっていた。兼任コーチとして臨んだ23年目。16日にはベンチ入りの人数制限の関係でコーチ登録を抹消された。開幕2軍は10年以来、8年ぶり。2軍で練習に励み、出番を待つ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月29日のニュース