“伊予の剛腕”松山聖陵・土居 自己新147キロも…のまれた8失点

[ 2018年3月29日 05:30 ]

第90回選抜高校野球大会第6日・2回戦   松山聖陵5―8近江 ( 2018年3月28日    甲子園 )

<近江・松山聖陵>6回、隅田(左)にボールを手渡して降板する松山聖陵・土居
Photo By スポニチ

 「伊予の剛腕」が早々と散った。松山聖陵(愛媛)・土居は1―0の2回に単打6本を浴びて5点を失い「今年に入って調子は一番よかったのに…。先頭打者に打たれて少し動揺した」。

 1メートル88の長身右腕は初回に自己最速を3キロ更新する147キロを計測した。それでもコースが甘く、痛打されて11安打8失点、6回途中で降板。「自分に全国的な力がないことが分かった。夏までにしっかり一からやり直す」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月29日のニュース