父はプロ78勝左腕 日大三 前田 代打で凡退「夏に向けてしっかり準備したい」

[ 2018年3月29日 16:12 ]

第90回選抜高校野球 2回戦   日大三0―8三重 ( 2018年3月29日    甲子園 )

 ロッテ、巨人などで活躍した通算78勝左腕・前田幸長氏(47)を父に持つ日大三・前田聖矢内野手(2年)が、0―8の8回1死一塁で代打で登場。1回戦は出番がなかったため甲子園初打席となったが、5球目を打ち上げて遊飛に倒れた。大会前は「ライナーで左中間を抜きたい」と抱負を口にしていたが「緊張した。打ってやりたいのはやまやまだったが、結果は悔しい」と肩を落とした。

 内外野を守れる左の巧打者として期待される背番号16。前田は春夏連続出場に向けて「バッティングで全てにおいてまだまだ足りないことを思い知らされた。夏に向けてしっかり準備したい」と、課題を口にした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月29日のニュース