イチロー5年ぶり開幕スタメン決定!指揮官「よく間に合わせてくれた」

[ 2018年3月29日 08:28 ]

本拠地セーフコ・フィールドで、打撃練習に向かうマリナーズのイチロー
Photo By 共同

 マリナーズのイチロー外野手(44)が、シーズン開幕の29日(日本時間30日)インディアンス戦で「9番・左翼」として先発出場することが決まった。28日(同29日)、スコット・サービス監督が発表した。メジャー18年目を迎えるイチローの開幕戦先発は、ヤンキース時代の13年以来、5年ぶり。また、44歳5カ月での開幕スタメンは98年の落合博満(日本ハム=44歳3カ月)を上回る日本選手最高齢となる。

 サービス監督は「終盤は右ふくらはぎを痛め、彼にとって厳しいキャンプだったが、よく間に合わせてくれた」と話した。マリナーズは、イチローがキャンプインした今月8日の時点でジェリー・ディポトGMが「球団の象徴をベンチに座らせておくつもりはない」と開幕から正左翼手として起用する方針を示していた。しかし、14日のジャイアンツ戦とのオープン戦で右ふくらはぎに張りを訴え、さらに21日のマイナー戦で頭部死球を受けたことで調整が遅れ、オープン戦は自己最少の5試合出場で10打数無安打(2四球)だった。

 大リーグでは、ロッテでもプレーしたフリオ・フランコがブレーブス時代の04年に開幕の4月6日メッツ戦に45歳7カ月で「6番・一塁」としてスタメン出場。この試合では4打数無安打に終わっており、イチローの開幕戦安打に期待がかかる。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月29日のニュース