彦根東 “赤鬼魂”が後押し アルプススタンド真っ赤に

[ 2018年3月29日 05:30 ]

第90回選抜高校野球大会第6日・2回戦   彦根東4―3慶応 ( 2018年3月28日    甲子園 )

<慶応・彦根東>真っ赤に染まったスタンドに力をもらい力投する彦根東・増居
Photo By スポニチ

 真っ赤なスタンドが彦根東を後押しした。アルプスにはバス48台で駆けつけた応援団が陣取り、5000セット用意された赤い帽子、ジャンパー、メガホンで声援。

 彦根藩の藩祖・井伊直政が合戦の際に赤い装備で敵を撃破したことにちなむもので、藩校の流れをくむ同校にも「赤鬼魂」の精神が受け継がれている。村中監督は「大応援団がスタンドにいたので力を出せました」と感謝した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月29日のニュース