イチロー 開幕スタメン不透明 強力ライバルも出現

[ 2018年3月29日 05:30 ]

オープン戦   マリナーズ5―3ロッキーズ ( 2018年3月27日    スコッツデール )

<ロッキーズ・マリナーズ>5回、二塁打を処理するイチロー(AP)
Photo By AP

 マリナーズのイチローは、ロッキーズ戦に「1番・左翼」で出場し3打数無安打1四球に終わった。

 米18年目のオープン戦は5試合で10打数無安打。今月7日に入団した後、右ふくらはぎの張りや頭部死球と相次ぐアクシデントに見舞われたが「あの時に戻りたいというのはあるけど、それはどんな時でもそうだからね。悪いことが起こったときは。でも“あれをやっておけば良かった”ということはないですね」と、さばさばと振り返った。

 2打席目は芯で捉えた右飛。守備でも軽快な動きを見せたが、スコット・サービス監督は「彼が明日どう感じているか。そこから判断する」と起用方針への言及を保留した。球団はこの日、通算229本塁打の右打ちの外野手ワース(ナショナルズからFA)とマイナー契約。5年ぶりの開幕スタメンが不透明なイチローは「ケガをしてからは、もう一度(開幕カードを行う本拠地球場の)セーフコ・フィールドに立つことが僕の目標になりました。まずはそこですね」と話した。 (笹田幸嗣通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年3月29日のニュース