なぜ?投手・大谷 結果残せずも4・2先発決定 失点より奪三振率を評価

[ 2018年3月29日 05:30 ]

<ドジャース・エンゼルス>試合前にキャッチボールをする大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルスとマイナー契約の大谷翔平投手(23)がメジャー昇格し、開幕4戦目の4月1日(日本時間2日)のアスレチックス戦に先発登板することが決まった。27日(同28日)、ドジャースとのオープン戦最終戦後にマイク・ソーシア監督(59)が表明した。ア軍と戦う29日(同30日)の開幕戦では打者として先にメジャーデビューする可能性がある。最高峰の舞台で投打二刀流が動きだす。

 オープン戦を締めくくったドジャース戦後の会見。これまでその質問に一貫して沈黙を続けたソーシア監督の語気が強まった。「投手・大谷」のデビュー日について「日曜日(開幕4戦目)に先発します」と明言した。

 試合前にブルペンで25球を投げた大谷。ソーシア監督に会見前に直接、登板日を告げられ「個人的に打者ではあまり緊張しない。やっぱり投手は開幕が凄い大事だと思う」と意気込んだ。指揮官は大谷までのローテーションを公表。開幕戦からリチャーズ、左腕スカッグス、そして米メディアから大谷の先発が有力視されていた開幕3戦目は、14年に16勝を挙げた右腕シューメーカーが登板する。

 投手として実戦5試合全てで失点し、防御率11・77。マイナー落ちしたトロピアーノらに比べて結果を残せていないが、日本ハム時代の実績と能力が評価された形で先発枠に収まった。「私たちは違うレンズで見ている。プロセスが大事」とソーシア監督。中でも、13イニングでの24奪三振は特筆事項だった。球団は当初、大谷が打者を兼ねることから先発6人制を敷く方針だったが、開幕序盤は5人で回す見込み。先発順について指揮官は「今はこの状態が理にかなっている」と説明した。

 25歳未満のドラフト対象外の外国人選手だったためマイナー契約に限定され、招待選手でメジャーキャンプに参加。適応に苦慮しながらもメジャー契約にこぎ着けた。「オープン戦でもシーズンでも心の持ち方は変わらない。一試合一試合、丁寧に一生懸命頑張りたい」。夢見たマウンドはもうすぐだ。(ロサンゼルス・柳原 直之)

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年3月29日のニュース