巨人・上原「自分は便利屋になろうと思っている」

[ 2018年3月29日 05:30 ]

菅野(左)と交代でマウンドに上がる上原
Photo By スポニチ

 菅野の後に東京ドームのマウンドに上がった巨人・上原は、フォークも交えて37球。「3試合しか投げてないし、ブルペンとは感覚が違う。マウンドに慣れたいのでお願いした」と志願の理由を明かした。

 「前に投げたのが(菅野)智之だけだったし、マウンドも荒れていなくて投げやすかった」と上原。「行ってくれ、と言われればどこでも。自分は便利屋になろうと思っている」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月29日のニュース