ロッテ 「レガシート」設置 井口監督「劇的な一打をたくさん出せるようなシーズンになれば」

[ 2018年3月29日 16:57 ]

 ロッテは29日、2018年からZOZOマリンで飛び出した「歴史的本塁打」の着弾した地点を「レガシート」として設置すると発表した。設置されるのは3カ所で通常は青色のシートがオレンジ色になり、プレートが貼られる。設置は以下の通り。

 (1)2017年7月15日 ZOZOマリンでのオールスターゲームで初めてロッテ選手が本塁打を打った鈴木大地の本塁打着点(右翼3列387番)

 (2)2017年9月24日 日本ハムとの引退試合で9回に同点2ランを放った井口の本塁打着地点(右翼2列624番)

 (3)2017年9月29日 オリックス戦で日本球界10万号本塁打を放ったマレーロの本塁打着地点(左翼8列407番)

 井口監督は「レガシートとして自分にとっても記念の本塁打をZOZOマリンスタジアムの記念に残していただけて光栄です。今年もレガシートとして残るような劇的な一打をたくさん出せるようなシーズンになればと願っています」とコメントした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月29日のニュース