DeNA神里 新世代スーパーカー宣言「開幕戦で1盗塁は決めたい」

[ 2018年3月29日 05:30 ]

チューブトレーニングをする神里
Photo By スポニチ

 新世代の「スーパーカー」になる。30日の開幕ヤクルト戦(横浜)に「7番・右翼」で先発出場するDeNAのドラフト2位・神里(日本生命)が、開幕戦での盗塁を宣言した。50メートル走が5秒8の俊足の持ち主で、オープン戦ではチームトップタイの4盗塁をマークした新人は「開幕戦で1盗塁は決めたい。そうすれば勢いに乗れるし、塁に出たら全部行くつもり。3連戦で3盗塁できれば」と語った。

 本拠地でのナイター練習では、オフに張り替えられたばかりの人工芝の感触を入念にチェック。「最初は足をとられる感じはあったけど、(芝の)特徴は確認できた。気にはならない」と話した。

 球団の過去の俊足選手と言えば、高木豊、加藤博一、屋鋪要の「スーパーカートリオ」が有名だ。「もちろん知っています。自分もそういう選手になれれば」と話した。

 球団新人のシーズン盗塁記録は59年の桑田武の25。開幕で好スタートを切れば、十分に狙える。「30盗塁を目指してやっていきたい。スタメンで出続ければ無理な数字ではない」。俳優の照英に似ているイケメンが、チームを7年ぶりの本拠地開幕戦勝利に導く。 (重光 晋太郎)

 ▽スーパーカートリオ 85年に就任した大洋・近藤監督が1番・高木豊、2番・加藤博一、3番・屋鋪要をほぼ固定して起用。俊足の選手が3人並んだ打線はスーパーカートリオと呼ばれ注目された。同年の盗塁数は高木42、加藤48、屋鋪58。史上唯一、同一球団3人以上が40盗塁を記録した。

 ◆神里 和毅(かみざと・かずき)1994年(平6)1月17日生まれ、沖縄県出身の24歳。糸満では3年夏の甲子園に出場も1回戦で敗退。中大に進み、4年秋にベストナイン。日本生命では1番打者として昨年の日本選手権準Vに貢献した。17年ドラフト2位で入団。1メートル78、81キロ。右投げ左打ち。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月29日のニュース