大谷「8番・DH」で開幕戦スタメン、午前5時5分プレーボール

[ 2018年3月30日 01:47 ]

ア・リーグ   エンゼルス―アスレチックス ( 2018年3月29日    オークランド )

<ドジャース・エンゼルス>キャッチボールで調整する大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷が29日(日本時間30日午前5時5分開始)のアスレチックスとの開幕戦(オークランド)に「8番・DH」でスタメン起用された。ア軍先発はグレーブマン。注目のメジャー初戦は、16年に10勝を挙げた右腕が相手だ。

 「打者・大谷」はオープン戦で打率・125と対応に苦しんだ。一方で日本ハム時代の昨年の32打席を上回る、プロ入り後最多の36打席を経験。投打二刀流に挑む中、限られた時間で首脳陣から一定の打席数を与えられた。「自分のポイントまでしっかり待てていない場合が多い」と分析。ノーステップ気味の打法を試すなど修正を図ってきた。

 29日付のUSAトゥデー紙では記者ら7人の予想で5人に新人王に推された。注目の一年が始まった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年3月29日のニュース