【西東京】東海大菅生・伊藤 2失点完投&2打点 2年前のリベンジ

[ 2016年7月19日 05:30 ]

<東海大菅生・日大鶴ケ丘>8回1死二、三塁、勝ち越しの右犠飛を放つ東海大菅生・伊藤

第98回全国高校野球選手権西東京大会5回戦 東海大菅生5―2日大鶴ケ丘

(7月18日 市営立川)
 終盤に突き放して、第1シードの東海大菅生が日大鶴ケ丘に逆転勝ち。プロ注目の先発、143キロ腕・伊藤は8安打を浴びながら粘りの投球で2失点完投。昨年まで正三塁手だっただけに打撃でも6回に同点二塁打。8回は決勝右犠飛の2打点と存在感を示した。

 2年前は日大鶴ケ丘、昨年は早実と夏は2年連続決勝で敗れているだけに「鶴ケ丘には(2年前の決勝で敗れた)リベンジをしたかった」と伊藤。若林弘泰監督も「最後には早実にリベンジをして優勝したい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月19日のニュース