【兵庫】報徳学園3番佐藤 計5打点「自分で決めたかった」

[ 2016年7月19日 05:30 ]

第98回全国高校野球選手権兵庫大会3回戦 報徳学園8―0高砂南

(7月18日 明石トーカロ)
 報徳学園が7回コールドで高砂南を圧倒した。1、2回は無安打も3回1死満塁で走者一掃の左越え三塁打した3番・佐藤は4回も適時二塁打で計5打点。

 「ズルズルといっていた。1本出れば流れは変わると思って自分で決めたかった」と振り返った。昨秋兵庫大会準々決勝で左上腕部を骨折。それでも筋力強化に食事を積極的に取って故障前の74キロから約9キロ増量した。6年ぶりの夏へ「最後のチャンス。絶対に甲子園に行きたい。打って貢献したい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月19日のニュース