【埼玉】浦和学院 25年ぶり夏の埼玉大会零敗

[ 2016年7月19日 05:30 ]

第98回全国高校野球選手権埼玉大会4回戦 浦和学院0―1市川越

(7月18日 大宮公園)
 秋春の県王者・浦和学院が4回戦で散った。先発・榊原が2回先頭のメンディスに中越え三塁打を浴びると、星野の右犠飛で先制点を許す。

 その後は3回途中から救援した1年生左腕・佐野が力投したが、打線は2併殺の拙攻。夏の埼玉大会では91年に市浦和との5回戦に0―2で敗れて以来、25年ぶりの零敗に森士(おさむ)監督は「攻撃のリズムが取れなかった。得点力がなかったことが敗因」と淡々と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月19日のニュース