【神奈川】サーファー藤沢翔陵・森山 初2発「ボールに感謝」

[ 2016年7月19日 05:30 ]

<藤沢翔陵・茅ヶ崎北陵>2本塁打を放った藤沢翔陵・森山

第98回全国高校野球選手権神奈川大会2回戦 藤沢翔陵10―3茅ケ崎北陵

(7月18日 横浜)
 ドラフト候補の藤沢翔陵・森山が自身初の1試合2本塁打。3安打3打点と打線をけん引して茅ケ崎北陵を粉砕した。

 3回は先頭、6回は1死三塁で。いずれも16日にプロ野球の球宴が行われたばかりの横浜スタジアム左翼席へ叩き込んだ一打に「予想以上にボールが飛んでいってくれた。ボールに感謝です」と振り返った。

 前日は尊敬する日本ハム・中田の動画をチェック。同校OBで元ロッテの川俣浩明監督から「(球が)ゆるい分、前に突っ込むと凡打になる。しっかり引きつけて打つように」とアドバイスも効いた。チームの目標は「打倒横浜」で目指すは「神奈川最強校」。藤沢出身らしく、サーフィンもたしなむ主砲は、次戦に向けて「慎重に丁寧に」と勝ち上がった先にある甲子園を見据えた。 (山本 真央)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月19日のニュース