【千葉】東京学館船橋 コールド負けした相手に接戦で雪辱

[ 2016年7月19日 19:47 ]

第98回全国高校野球選手権千葉大会4回戦 東京学館船橋5-4中央学院

(7月19日 柏の葉)
 東京学館船橋が、昨夏4回戦ではコールドで大敗した中央学院相手に雪辱を果たした。
 5点リードから8、9回と2点ずつ失点しながらも意地の完投の日暮は「気持ちで投げた。去年の借りを返せて良かった」と振り返った。自身は昨年10月に腰を痛め、3カ月間練習が出来なかった。それでもその後のトレーニングで直球の最速は142キロだ。「最後はピンチを作ったが、主将の菊地が攻守で活躍したのが大きい」とバックにも感謝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月19日のニュース