マエケン「自分の投球できず」7敗目 メジャー自身ワースト5失点

[ 2016年7月19日 05:30 ]

ベンチで汗をぬぐう前田。4回1/3を5失点で7敗目を喫した(AP)

ナ・リーグ ドジャース5―6ダイヤモンドバックス

(7月17日 フェニックス)
 ドジャースの前田は4回1/3をメジャー自己ワーストとなる5失点で7敗目(8勝)を喫した。初回に2番ボーンから4連打を浴び3失点。「あの3点が重かった。試合の入り方が悪く、自分の投球ができなかった」。

 その後も3回にソロを浴び、5回は二塁打2本で失点し、さらに四球で1死一、二塁としたところで降板となった。低めのツーシームで、早いカウントから打ち取る投球を意識したがうまくいかず「最終的に5回も投げきれず、全体的に悪かった」と自らを責めた。(奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月19日のニュース